税理士資格に挑戦するなら何歳までがいい?

資格取得までに必要な期間

試験勉強を始める時期

試験のために覚えることの中には複雑な計算問題や暗記するべき点がたくさん出てきます。
そのため、年齢とともに合格率が下がってしまうことは否めない事実なのです。

もちろん、これには個人差があり新しく勉強を始めることに年齢の制限はありません。
ただ資格を取ってから生計を立てるだけの収入源にすることを考えたら、それが何歳であってもいいという訳にはいかないのです。

税理士として仕事をしたいなら、できるだけ早く遅くても20代前半までには勉強を始めておいた方がいいかもしれません。
ただしこれはあくまでも一般論であり、明確な年齢制限ではないことを理解しておいてください。
強力なコネがある場合などその背景は人それぞれで異なっていますから、まずは自分の置かれている状況を客観的に判断してから逆算していくといいでしょう。

資格取得までの代表的な道のり

税理士試験を目指す受験生の多くがたどっている代表的な道筋を見てみると、高校を卒業するぐらいまでに受験勉強を始めていることが多いということが分かります。
そこから数年をかけて合格条件の5科目のうちいくつかの科目に合格することができたら、あわせて実務経験を積むための就職活動を開始しておくことが資格取得への近道であると言われています。

少しでも若いうちに実務経験を積むことができる職務に就くことができたら、実戦の中で腕を磨きながら残りの科目に合格するための勉強を続けていくことが理想的なようです。
仕事と勉強との両立にはかなりの精神力が必要になるかもしれませんが、最終的に資格さえ取得してしまえば独立して自分の事務所を持つこともできますし、他の職業よりも長く税理士として勤め続けることができるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る