税理士資格に挑戦するなら何歳までがいい?

試験勉強に必要なこと

未経験者が実務経験を積むチャンスとは

就職活動をするならできるだけ若いうちがいいというのが社会一般の常識です。
しかし税理士のように資格を必要とする上に専門的な知識が求められる特殊な職業の場合は多少年齢が上だったとしても採用してもらえるかもしれません。
税理士になるための勉強を終えた、もしくは勉強中であることを考えたらある程度の年齢になっていても仕方がないというのがその理由です。

しかし未経験者を採用してから仕事についてアレコレと指導することを考えたら、指導しやすい年齢というのが必然的に絞られてきます。
そのため未経験者の場合は25歳~35歳くらいまでを募集の条件としている事務所が多いようです。
これは自分よりも年長である新人に対して指導することがあまり好ましくないことや、年配者よりも若い人の方が新しいことを覚えるのが早いであろうと考えられていることが理由のようです。

実務経験がある場合

税理士という仕事にとってクライアントの信用を得ることは大切なことですから、社会人としての常識を身に付けていることは転職時にも有力なポイントとなります。
ましてそれまでに会計や税務に携わっていたという経験や知人の紹介といったコネがあれば年齢制限がかなり緩めになってくることも期待できるでしょう。

転職しようとする際に税理士資格があれば問題ないのですが、たとえまだ資格はなかったとしても実務経験があって試験勉強をしている最中だというのであれば、大抵の税理士事務所で通用すると言いますから、税理士を目指すのであればとにかく若いうちに就職して実務経験を積んでおくことが大切なのではないでしょうか。
そうであれば30代であったとしても大手の税理士事務所で採用してもらうことが叶うかもしれないのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る