税理士は何歳まで目指せる職業なのか

税理士資格に挑戦するなら何歳までがいい?

試験勉強に必要なこと

税務や会計に関する業務に2年以上従事したという実務経験が、税理士の資格には必要です。 これからその実務経験を積むことになるのか、すでにその経験があるのかによって資格取得までの道のりにも違いが出てきますから、その期間を逆算しながら学習予定を立てていく必要があるのです。

資格取得までに必要な期間

税理士を目指すのに性別や年齢の制限はありませんが、税理士試験に合格することは容易ではなく長期戦になることが予想されるため、できるだけ早い時期から資格取得に向けた勉強を始めておいた方が良さそうです。 では一般的に、何歳ぐらいまでに決断することが妥当だと言えるのでしょうか?

採用する側の気持ちになってみる

5科目において合格点に到達することが必要である税理士試験の中には必ず受験しなければならない2科目と、2つのうちのどちらかを必ず選択しなければならないという選択必須科目が含まれており、それぞれの科目によって難易度は異なってくるようです。

合格することだけに着目するなら難易度が低いと言われていて得点を取りやすいような科目を選択すればいいかもしれません。
そうすれば何年もかかると言われている税理士試験に短期間で合格することが可能になるかもしれませんが、そうして取得した税理士資格が実際に活かせるものであるかどうかという点には疑問が残ってしまいます。

税理士の試験が他の国家試験とは異なって難易度の高いものであるという裏側には、他人の財産に関わるような重要な仕事を担う立場である以上正確な知識に基づいて業務を遂行するべきだという国の判断があるのです。
たとえ何年がかりになったとしても地道に勉強を続けて資格取得を目指すという心意気や精神力が、きっとクライアントの信用に値するような人格を作り上げていくことになるのでしょう。
何としてでも税理士という仕事を職業にしたいと考えるのであれば、資格を取った後にどのような業務に就くことになるのかという将来の展望を踏まえて受験科目を選ぶこと、つまりそのジャンルについて徹底的に勉強しておくことこそが有意義な学習法となるようです。
すでにその分野の仕事に携わっているのであれば、実戦を交えながら裏付けを取るような形で学習を進めることができるので、内容が理解しやすく身にもつきやすいというメリットがあるでしょう。

何歳までに税理士を目指すべきなのかと断言することはできませんが、徐々に記憶力が衰えていくことや実務経験を積むために就職することなどを考えたら20代のうちに決断しておいた方がいいと言えそうです。

女性が税理士を目指す場合

男女平等の時代になってきたとはいえ残念ながら今現在の税理士業界では、専属で身を立てている人は極めて少なく、十分な生計を立てられているとは言えないのが現状のようです。 ここからは女性が税理士を目指すことの現実について考えていきたいと思います。 ぜひご参考下さい。

TOPへ戻る